11/8_下心が叫びたがってるんだ

 今月の頭からジムに行き始めている。
目的はダイエットだが、3日目くらいからはジムに来ている美人を眺めることが第一目標となった。
やはりこういったところには美意識高めな方々が集まるらしく、目の保養には効率がいい。
しかしその事実に気づいたおじさんたちも同様に集まるので気がついたらおじさんに囲まれている、なんて事なっており虚しい。蛍光灯の光に集まる蛾のように、我々はジムに集うのだった。

 今年もオモコロ杯のエントリーが始まった。
去年は仕事の忙しさにかまけて静観してしまったが、今年こそ何かしら形に残る行動を起こしたい。
テーマはレポ記事。書いたことね〜〜〜〜〜…。
過去自身の体験談でしか文章を書いたことがないので、もう半分諦めている。諦めから入るモチベーションの起こし方がわからないので記事すら書けないかもしれない。
 アイディアだけが積み重なる負け犬の人生ですわ…。とほほ…。 

 夜。ジムから帰ってシャワー浴びてぼんやりTwitterを眺めていたら病気の宣告を受けたという呟きを見てBPMが少し上がる。縁もゆかりもない人だけど、勝手に親近感を抱いて苦しい。
 死にたくない。死にたくないけど、生きているのもめんどくさい。もっと楽に暮らしたい。
でも死にたくない。そんな気持ちになる。病気って怖いなあ〜。病気で死にたくないなあ〜。とか言っていると病気になりそうなのでしばらく健康的な生活を送ろう。
心も体も健康でありたいと思う年齢になったらしい。がんばれ。

タイトルとURLをコピーしました